2022年4月23日土曜日

「異能人材」がイノベーションのカギを握る

 カギになるのは、これまでとは違う人物像を持つ
「異能人材」

従来型の優秀な人材

・みんなが同じ土俵を目指し、その中で抜きんでた人
    進学校 → 有名大学 → 大企業

・個別領域の専門家
    科学、工学、医学、法律など

・自分で何でもできる、すごい人

今の日本で圧倒的に足りない人材

・あまり多くの人が目指さない領域、それも複数の領域にまたがって頭角を現す人

・ビジョンを描き、複数の領域をつなぐことで、それを実現できる人
    全体像をデザインし、課題を発見し、それを技術で解決する

・どんな課題が現れても、それを解決できるすごい人達が常に周囲に集まっている人
    「すごい人達」は、日本国内にいるとは限らない


今の日本では異能人材だけではなく、従来型人材と異能人材との間の橋渡しをするインタープリター人材も圧倒的に不足している。

そのため、両者の溝を埋めることができないまま、失われた30年を過ごしてしまった。

異能人材は、従来型人材と交わる時間的余裕のない人が少なくない。忙しい。

そうした異能人材の働きを代弁するインタープリターの話も、一般的には5年くらい経たないとピンとこないケースが多い。

このとき、たとえ自分の好みや考えに必ずしも合致しなくとも、これは何かありそうだ、と耳を傾けることが出来るかどうかが、飛躍のカギとなる。

ゼロリスク思考が日本をダメにした。
(藤元健太郎氏:D4DR株式会社代表、元野村総研、電通大情報数理工学出身)
「何かあったらどうする」「勝手なことをするな」というロジックで、チャレンジする行為をバッシングばかりした結果、日本ではイノベーションが生まれなくなってしまった。「ルールを簡単に変えてはいけない」という 考え方そのものを見直すことが、まさに第四次産業革命の社会の本質だ。(「ゼロリスク社会を越えて」より)

2022年4月12日火曜日

一般社団法人 Youngsters on the Air Japan」(略称:YOTA Japan)を設立


この度、科学技術に関する知識と異文化・多文化社会への理解を兼ね備え、創造力や課題解決能力を持った「21世紀型若手人材」の育成を、アマチュア無線を通して実現する非営利団体、「一般社団法人 Youngsters on the Air Japan」(略称:YOTA Japan)を設立いたしました。

YOTA Japanでは、概ね15歳~25歳までを対象とし、アマチュア無線およびその周辺分野における多岐にわたる活動を体験する機会を創出、提供します。これらの体験を通じ、若者ひとりひとりが、エレクトロニクスやICTを中心とした科学技術に関する知識・関心を深め、またアマチュア無線の特質である国際交流を通じて現代に必要な異文化・多文化社会への理解を育むことを目標とします。


私たちは、アマチュア無線が従来認知されてきたような単なる「趣味としての無線通信」にとどまらず、未来のテクノロジー革命の担い手を育てる遊びでもあると確信しております。


YOTA Japanの活動においては、参加者とさほど年齢の離れていない若者がリーダーとして若者の指導にあたり、また若者が企画運営の中心となるなど、「若者が、若者の視点で、若者を育てる」ことをキーアイデアとします。また、現代の若者の考え方や、興味の対象など、「若者の生の声」にしっかりと耳を傾けることを重要視します。


一方、近年ではアマチュア無線人口の減少および高齢化が著しく、国内外のアマチュア無線界では、いかに若者にアマチュア無線を広め、新しいアマチュア無線家を育てるかが、喫緊の課題となっています。


私たちは、その解決への決定打として、現代のアマチュア無線が持つ新たな価値を発見、創造し、発信することで、アマチュア無線自体を再評価し、また若者の力によって再活性化することを目標とします。また、「テクノロジー」と「コミュニケーション」というアマチュア無線の本質に立ち返り、現代の若者の好奇心を存分に刺激するような「21世紀のアマチュア無線」と、アマチュア無線を共通項とした「21世紀型若手人材コミュニティ」を形作ることを目指します。


一般社団法人 YOTA Japan 公式サイト: http://jouban.jp/yota-ja/

Eメール              : hamyota.japan@gmail.com



《役員紹介》

■代表理事 須田 璃久

1996年生。2009年、12歳のときに、中学校の部活でアマチュア無線に初めて出会う。2011年5月、14歳で個人局JR2KHB開局。同年10月、第一級アマチュア無線技士取得。2017年8月、Youngsters on the Airのサマー・キャンプ(イギリス)に参加し、国際アマチュア無線連合第三地域(アジア及びオセアニア)からの初めての参加者の一人となる。翌年9月には国際アマチュア無線連合第三地域委員会の国際会議において、サマー・キャンプ参加体験を基に若者育成に関する提言書を提出した。

http://jouban.jp/yota-ja/report-japans-participation-in-yota

アマチュア無線の青少年及び若手育成に関する講演、記事執筆等多数。

現在、早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 博士後期課程 在学中

第一級アマチュア無線技士 アマチュア無線局 JR2KHB(米国AE0KC、英国M0YQB)



■理事(氏名50音順)

飯塚 留美

海外のICT分野における電波制度・政策にかかわる調査研究に従事。

2009年1月より総務省情報通信審議会専門委員。

一般財団法人 マルチメディア振興センター ICT リサーチ&コンサルティング部 シニア・リサーチディレクター

アマチュア無線局 JJ1DAI


櫻井 豊

1982年古河電気工業株式会社に入社。1993年に日本シスコシテムズ株式会社(現在のシスコシステムズ合同会社)に転じ、製品マーケティングやビジネス開発などに従事。1994年、日本インターネット協会(現在の一般財団法人インターネット協会の前身)設立に参画。2006年からCisco米国本社所属となり、新卒教育プログラムを実施するためのグローバル組織の発足に携わり、日本の新卒教育チームの責任者も務めた。2014年に無線LANビジネス推進連絡会に参加、リエゾン委員会副委員長を務めた。

2017年に、光通信ネットワーク技術の発展のため、WaveSplitter Technologies社の日本法人である株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンを立ち上げ、同社COO(最高執行責任者)に就任した。

1999年~2005年、国立山梨大学工学部で非常勤講師を務めた。

2007年~2010年、慶應義塾大学文学部で非常勤講師を務めた。

第一級アマチュア無線技士

アマチュア無線局 JQ2GYU/JF1LZQ(米国WS2Y、英国M0LZP)


眞野 浩 博士(工学)

電子機器メーカー勤務を経て、1993年にルート株式会社を設立。デジタル無線通信機器や高速インターネットを実現する無線IPルーターを開発し、地域情報化や学校ネットワーク等への導入を促進。無線LANを用いた高速移動体通信システムの開発・実用化・事業化、無線利用、地域情報化のための各種審議会や研究開発事業にも多数参画。

2010年よりIEEE802.11 FIA-SG TGai chairとして国際標準化活動を行っている。2017年6月無線LAN(IEEE802.11)に関する標準化活動への貢献が評価され一般社団法人情報通信技術委員会より情報通信技術賞(総務大臣表彰)を授与される。

2017年、内閣府、総務省、経産省の協力により産学官を越えたデータ流通の推進を目的に、一般社団法人データ流通推進協議会の設立を提唱し、同年11月の設立に伴い理事に就任、2018年5月より代表理事(事務局長)。無線通信、インターネット、データ流通などの分野において、広く国内外で標準化、制度提案などに従事し、2017年 トリノG7 ICT大臣会合においては、I-7 Innovators' Strategic Advisory Boardのメンバーとしてビッグデータの戦略提言にも寄与。

2020年、IEEE P3800 DTS(Data Trading System)WG Chair。

2021年、一般社団法人データ流通推進協議会の改組、改名により一般社団法人データ社会推進協議会 専務理事 事務局長に就任。

エブリセンスジャパン株式会社 代表取締役

アマチュア無線局 JJ1CEI


ほか 1名(東京学芸大学OB)



■監事

深山 武

1986年開局。学生時代に第二級アマチュア無線技士まで取得したものの、しばらく休止。後にアマチュア無線仲間との旅行先で、簡易な設備でヨーロッパと交信している友人に触発され、2002年よりアマチュア無線に本格復帰。以降、海外との交信や海外旅行先からの無線運用を主に楽しんでいる。

主な著書:雑誌「CQ ham radio」、「別冊CQ ham radio QEX Japan」(CQ出版)

     「理科学教材キットで工作と実験を楽しむ本」(CQ出版)

     「ドローンと遊ぶアマチュア無線」(CQ出版)

     「無線LANのススメ」(SBクリエイティブ)

     「1アマ国試工学問題を理解する」シリーズ(QCQ企画)

第一級アマチュア無線技士

アマチュア無線局JE1KUC (米国N1KU、英国M0JPY)



《参考資料》

(1) アマチュア無線とは

近年、「電波」を使った無線通信が、スマートフォンやWi-Fiなどの普及によってとても身近なものとなりました。アマチュア無線は、世界のほぼすべての国で認められている無線通信を趣味として楽しむための制度です。地球を取り巻く電離層という自然現象を利用して、遠く世界中とのコミュニケーションを楽しむ短波通信や、アマチュア専用の人工衛星を介した衛星通信なども盛んです。通信の原点ともいえるモールス通信から、最新技術を駆使したデジタル通信まで、テクノロジーを幅広く体験できるのもアマチュア無線の特長です。さらに、自ら手作りした無線通信機やアンテナで無線交信を楽しむ活動も盛んです。また、災害発生時などにおける非常通信手段としても役立っています。


(2) 科学技術や国際理解の教育に寄与するアマチュア無線

情報通信が全盛のいま、創造する力を育てるには、考えて、試行錯誤し、作り出すという経験の機会をもつことが若い世代に大事です。ブラックボックス化が進む現代で、物理原則に触ることは物事の原理原則を体得するのに重要であり、自らの創意工夫による無線通信を実体験できるアマチュア無線は、そのような機会を大きく与えてくれるものです。


(3) 内閣府規制改革推進会議 経済活性化ワーキング・グループ 第4回にてYOTA Japanより提出した提言(資料4-1)

https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/econrev/211119/211119keizaikasseika_0401.pdf


会議議事録

https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/econrev/211119/211119minutes.pdf



2022年3月6日日曜日

次男が大学で理学部長表彰

 次男が大学で理学部長表彰を受け、インタビュー記事が掲載されました。

https://www.univ.gakushuin.ac.jp/news/2022/0221.html


昨年11月に分光学会で賞をいただいたことから、この理学部長賞の受賞につながったのだそうです。


【追記】
大学の理学部紹介小冊子に掲載されました。(4月からはD2ですけどね。)



2022年1月1日土曜日

2022年 賀正

 


2021年を振り返って

内閣府規制改革推進会議経済活性化ワーキング・グループ第4回会議に招聘され、「アマチュア無線免許手続」に関する改革案についてプレゼンテーションを行なったことが、私的には一番大きな出来事でした。
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/econrev/211119/agenda.html

内閣府や総務省と3か月以上にわたる議論を経て作成に漕ぎつけたプレゼンテーション資料は、次の通りとなっています。
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/econrev/211119/211119keizaikasseika_0401.pdf

当日の議事録・発言録は以下のところで公開されています。
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/econrev/211119/211119minutes.pdf

従来の改正や緩和などの動きは、アマチュア無線というサービスを享受するユーザーのためという視点で行なわれてきました。しかし私の提言はアマチュア無線というサービスを享受するユーザーには主眼を置いていません。あくまでも21世紀型スキルを持つ、将来イノベーションを起こすような若者を育成するために、アマチュア無線を教材、あるいは道具として利活用するためのプラットフォームに生まれ変わらせることにあります。

このアプローチが、特に「経済活性化」を目指しているワーキング・グループのお目にかなった、というわけです。内閣府としては、私よりも先に、そうした既存のアマチュア無線家を代表しているであろう複数の組織にヒアリングは実施したようですが、提案がされなかったのか、あるいは提案が採用されなかったのかは承知しておりません。ただ、会議当日のアマチュア無線側からのプレゼンテーションは、私のみでした。(いくつかの提案の中の一つなのだろうと予想していたのですが、そうではありませんでした。大変驚きました。)

そういう意味では、既存のアマチュア無線家の皆さんにとっては、たまたま益となる場合もあるかもしれませんが、そうした皆さんのための改革提案ではないのです。既存のアマチュア無線家の皆さんにとって益となる改革を提案するのは、それを希望する皆さんにお任せします。

そのためには日頃から、各方面で自分たちだけではなく、一般社会に対しても益となる内容の提案を、これまたアマチュア無線の中だけではなく、外に向かって提案し続けることによって、次のチャンスがあれば目にとまる可能性が出てくることでしょう。今回、驚かされたことはいくつもありましたが、何よりも私のそうした十数年間の活動を、内閣府がほぼすべて把握されていたことには驚愕しました。

仕事関係でも霞が関関係を担当した経験がありますが、何よりもそうした提案活動や、アマチュア無線以外のビジネス等の分野でのプレゼンスを20年30年かけて培い、一定レベル以上の上層部とつながる人脈をきちんと醸成しておくことが肝要だと、あらためて思い知りました。すでに50歳代以上となってしまった方々には今からでは手遅れだと思いますが、若手の皆さんは、30歳前後からの公私ともに重ねた数々の経験や実績が、30年経って効いてくるのだ、ということを頭の隅に記憶しておいて損はないと思います。

2021年9月25日土曜日

カゴ釣りを始めるためのメモ

長男がカゴ釣りに挑戦開始した。沼津近辺で盛んな釣り方法のようだ。要は、舟釣りで使う、撒き餌を入れるためのカゴが付いた仕掛けにロケット型の浮きを装着して、堤防や磯からの投げ釣り用にしたもののようである。リールは普通のスピンドル式でもよいそうなのだが、さらに遠投を可能にする両軸リールを装着して練習開始している。ところがどっこい、こいつが滅法難しそう。バックラッシュを防ぐサミングという指使いが、なかなかどうして一筋縄で行かない。 そこで私が始めるとしたら、円筒の距離は伸びないのは承知でスピニングリールでやろうかな、と考えていたところ、長男が簡単なガイドにまとめてくれたので、覚え書きメモとしてこちらに転記する。

カゴ釣り概要仕掛けや製品、投げ方などのURLとスピニングリールでの竿とリールについて概要まとめておきます。

めぼしいものは選んであるので、以下を参考にしてみてください。

【竿に関して】
最もベーシックなもので4号(おもり10号前後) 5mの竿 です。 
使いやすさ重視で4.5m前後もあります。距離は落ちますが取り回しはかなり良いです。

一般的なガイドが外についているもの

ロッドの中にラインを通すもの(インナーガイド)

どちらも飛距離はあまり変わりませんが、カゴを投げる際に【ガイドが外のタイプ】の場合 ガイドに糸が引っかかった場合に竿が折れます。
外ガイドのホリデー磯が実売1.3万円 インナーガイドの中堅モデルブルズアイがが3万円になっています。 ※インナーガイドモデル入門モデル見つけられていません(無いかもしれません) 使い方は変わらないので予算で選んでください。

【リールについて】
王道パターンはスプール(糸が巻かれているところ)が幅広い遠投用のリールを使います。 入門機の シマノのアクティブキャスト1080が実売9千円 中級機がシマノのブルズアイ5080が3万円前後となっています。

※ブルズアイのが軽量化されており、材質も良いです。

各種リールに6号のナイロン糸を200m以上巻きます。
ナイロンにウキ止め、浮き、天秤、カゴ、仕掛け(ハリス(糸のこと)は4号前後、針はグレ(メジナ)8号)を順に取り付けていきます。
亜種として細いPEライン2号や3号を巻き、ショックリーダー(今回の場合、浮きなどを取り付けるところに)はナイロン6号で仕掛けを作ることもできます。
PEの2,3号の場合、風でガイドに絡まりやすいため インナーガイド 前提になるがリールをより小型なものが使えるため軽量化が可能。

参考値
ナイロン案
シマノのアクティブキャスト 650g
ブルズアイ 450g
ナイロン6号 275m

PEライン案
サハラ C5000xg 300g
バンフォードc5000xg 220g
※ナイロンの場合6号で125mまで
 PEなら3号で200m

飛距離としてはリール性能(特性)としてはナイロン前提の大型リールのほうが遠くに飛ばせます。
PEライン案は糸が細いため遠投に向いています。
最終的には同じくらいの性能になりそうです。

2021年5月5日水曜日

ACOM 2000Aを設置

 

4CX800/GU74B x 2本の短波帯用リニアアンプ ACOM 2000A をシャックに追加しました。エキサイターはTS-590Sに接続しました。

半導体リニアアンプのVL-1000と、3CX800a7 x 2本のリニアアンプ Alpha 87a は、FTDX5000MPに接続されています。

AC電源容量的に同時にフルパワーでの運用はできませんので、TS-590SとACOM 2000Aは予備システム的な扱いになります。

このほかにサムウェイのDXV600(200V対応トランス内蔵の特注品)と、東京ハイパワーのHL-550FXがありますが、これらは海外移動運用時に日本から持参する小型リニアアンプのため、シャックには装備していません。(DXV600は日本でも免許をおろしてありますので使用可能です。)

エキサイターが2台で、リニアアンプが5台というのは、少しやり過ぎな感じがしますね。