2021年9月25日土曜日

カゴ釣りを始めるためのメモ

長男がカゴ釣りに挑戦開始した。沼津近辺で盛んな釣り方法のようだ。要は、舟釣りで使う、撒き餌を入れるためのカゴが付いた仕掛けにロケット型の浮きを装着して、堤防や磯からの投げ釣り用にしたもののようである。リールは普通のスピンドル式でもよいそうなのだが、さらに遠投を可能にする両軸リールを装着して練習開始している。ところがどっこい、こいつが滅法難しそう。バックラッシュを防ぐサミングという指使いが、なかなかどうして一筋縄で行かない。 そこで私が始めるとしたら、円筒の距離は伸びないのは承知でスピニングリールでやろうかな、と考えていたところ、長男が簡単なガイドにまとめてくれたので、覚え書きメモとしてこちらに転記する。

カゴ釣り概要仕掛けや製品、投げ方などのURLとスピニングリールでの竿とリールについて概要まとめておきます。

めぼしいものは選んであるので、以下を参考にしてみてください。

【竿に関して】
最もベーシックなもので4号(おもり10号前後) 5mの竿 です。 
使いやすさ重視で4.5m前後もあります。距離は落ちますが取り回しはかなり良いです。

一般的なガイドが外についているもの

ロッドの中にラインを通すもの(インナーガイド)

どちらも飛距離はあまり変わりませんが、カゴを投げる際に【ガイドが外のタイプ】の場合 ガイドに糸が引っかかった場合に竿が折れます。
外ガイドのホリデー磯が実売1.3万円 インナーガイドの中堅モデルブルズアイがが3万円になっています。 ※インナーガイドモデル入門モデル見つけられていません(無いかもしれません) 使い方は変わらないので予算で選んでください。

【リールについて】
王道パターンはスプール(糸が巻かれているところ)が幅広い遠投用のリールを使います。 入門機の シマノのアクティブキャスト1080が実売9千円 中級機がシマノのブルズアイ5080が3万円前後となっています。

※ブルズアイのが軽量化されており、材質も良いです。

各種リールに6号のナイロン糸を200m以上巻きます。
ナイロンにウキ止め、浮き、天秤、カゴ、仕掛け(ハリス(糸のこと)は4号前後、針はグレ(メジナ)8号)を順に取り付けていきます。
亜種として細いPEライン2号や3号を巻き、ショックリーダー(今回の場合、浮きなどを取り付けるところに)はナイロン6号で仕掛けを作ることもできます。
PEの2,3号の場合、風でガイドに絡まりやすいため インナーガイド 前提になるがリールをより小型なものが使えるため軽量化が可能。

参考値
ナイロン案
シマノのアクティブキャスト 650g
ブルズアイ 450g
ナイロン6号 275m

PEライン案
サハラ C5000xg 300g
バンフォードc5000xg 220g
※ナイロンの場合6号で125mまで
 PEなら3号で200m

飛距離としてはリール性能(特性)としてはナイロン前提の大型リールのほうが遠くに飛ばせます。
PEライン案は糸が細いため遠投に向いています。
最終的には同じくらいの性能になりそうです。

2021年5月5日水曜日

ACOM 2000Aを設置

 

4CX800/GU74B x 2本の短波帯用リニアアンプ ACOM 2000A をシャックに追加しました。エキサイターはTS-590Sに接続しました。

半導体リニアアンプのVL-1000と、3CX800a7 x 2本のリニアアンプ Alpha 87a は、FTDX5000MPに接続されています。

AC電源容量的に同時にフルパワーでの運用はできませんので、TS-590SとACOM 2000Aは予備システム的な扱いになります。

このほかにサムウェイのDXV600(200V対応トランス内蔵の特注品)と、東京ハイパワーのHL-550FXがありますが、これらは海外移動運用時に日本から持参する小型リニアアンプのため、シャックには装備していません。(DXV600は日本でも免許をおろしてありますので使用可能です。)

エキサイターが2台で、リニアアンプが5台というのは、少しやり過ぎな感じがしますね。



2020年12月9日水曜日

アマチュア無線連盟の会費に対する考察

米国ARRLの年会費は年払いの場合、以下の通りです。
年会費が5千円ちょっとですから、JARLよりは少し安いですね。

(1) 米国内会員でQST誌を毎月郵送 US$49
  (QST誌の郵送なし、という属性はありません。)
(2) 米国外在住の会員でQST誌を毎月郵送 US$76
(3) 米国外在住の会員でQST誌の郵送は無く、オンラインのみ US$49

英国RSGBの年会費は、以下の通りです。
英ポンドは140円くらいですから、7840円とJARLより、わずかに高いです。
(1) 英国内在住の会員でRADCOMという会誌を毎月郵送 £56
(2) 英国外在住の会員でRADCOMという会誌を毎月郵送 £59

私自身は、現在のJARL年会費が7200円(600円/月)なので、金額だけの視点でいえば、これが9600円(800円/月)くらいまでは趣味の団体の会費としては、まぁ許容範囲だろうとは思うものの、米国のQST誌や英国のRADCOM誌とJARLニュースを比較してしまうと、JARLに会費を払う価値を見出せない、というのが正直なところ。

米国は10年ごとの局免許更新も会員だと無料になる特典がありますし、ARRLは自分自身が会員なのでQST誌を毎月オンラインで購読、RADCOM誌はRSGB会員の友人から毎月送ってもらって読んでいる限り、敢えて言えばCQ誌が毎月届くのならまだしも、JARLニュースではなぁ、と思ってしまいます。

ARRLの場合、DXCCなどに代表される世界規模のアワードの申請料に会員割引が適用されるのも、大きな会員メリットです。

ちなみにQSLビューローについては、いずれも国内交信に対するQSLカード転送のサービスはありません。(国内間のQSLカード転送を行なっているビューローは、私の知る限り世界で日本のJARLとドイツのDARCだけのようです。世界標準から見たとき、QSLビューローは国際間のQSLカード交換にのみ適用されるサービスです。)

米国は海外向けのQSLカードを中央の「送出ビューロー」宛に送り出すときも重さで課金され、受取は各地域の「受け取りビューロー」に毎月事前にSASEを渡しておくというスタイルだそうです。英国は特に従量課金されないようです。

他の連盟については未調査です。JARLの執行部には、世界の連盟の動向などと比較して、現行の年会費が高いか安いか、あるいはどういうサービスが連盟として提供されているのか、などをきちんと調べた上で議論をしてほしいものだと思います。特に各国の会誌はJARLに届いています(大塚で閲覧できます。)から、その中身についても比較してほしいと思います。

ぜひ他の連盟なども調べてみて、教えてください。

2020年11月15日日曜日

160mバンド開局セット

 某大OM氏より、家内が譲り受けた160mバンド開局セット

1800kHz HPF

80m/160m バンド用プリアンプ

DSP式オーディオフィルタ

25Ω to 50Ω インピーダンス変換器
片端タップ、片端M型コネクタ
(合計2個)

25Ω to 50Ω インピーダンス変換器
両端M型コネクタ
(合計3個)

1:1 コモンモードチョーク(UnUn)

コモンモードフィルタ

屋外用同軸切替器
(本体とコントローラ)

GHD製パドル

ACOM2000A リニアアンプ

ACOM200A用コントローラ
(上が旧タイプ、下が新タイプ)

ACOM2000A用電源トランス

リニアアンプ用台座(ACラインフィルタ付き)

予備用真空管
4CX800A/GU74b x 2本

その他、接続ケーブル等のパーツ類

大昔のQST誌もおまけにお譲りいただきました。


2020年11月11日水曜日

天草旅行(2020年11月)

 2020年11月8日~10日、熊本県天草市へ旅行

2014年12月に長崎へ旅行し、隠れキリシタン関係のミュージーアムやカトリック教会を巡ったが、今回は天草の下島を訪れ、再び隠れキリシタンゆかりの地を巡る旅を楽しんだ。

同じ天草でも、上島は天草四郎寄り、下島は天草四郎にはあまり触れない(?)「空気」を感じたが、これは私自身は天草四郎に対してネガティブな印象を持っていることからの、先入観による思い込みかもしれない。

崎津集落では1805年に、「天草崩れ」として知られる潜伏キリシタン5000名以上(周辺住民人口の5割だったと言われる。)の摘発があったが、「代々受け継がれていた信仰行事を行なっていただけで、禁教であるキリスト教だとは知りませんでした。」といったような「理解(!)」により「心得違い」という判決を受けて、全員が釈放されたという珍しい地域である。地元の神社等も上手に共生を図っていたという。

現在の崎津教会は1934年(昭和9年)に、弾圧の象徴である絵踏みが行われた吉田庄屋役宅跡に再建されたもの。この庄屋さんが、うまく機転を利かせて、当時潜伏キリシタンたちを救ったようだ。

崎津旧教会は神社のすぐわきに作られた。
(現在の崎津カトリック教会のすぐ斜め前の場所)
神社の鳥居とキリスト教会の十字架やマリア像が仲良く並んでいる珍しい光景。
禁教中、この地の潜伏キリシタンは、穏便に扱われてきたのも、この神社の存在は大きかったようである。

大天使ミカエルの石像ではないかと言われる「ウマンテラ様」
禁教時代に潜伏キリシタンが作成したものと言われている。
崎津資料館みなと屋にて公開されていた。

キリスト教解禁後、天草に最初に建てられた教会

大江教会のルルド

隠れキリシタン(潜伏キリシタン)関係の、複製ではない貴重な本物の資料が多数展示されていて、必見のミュージーアムであった。お勧め!

噴煙をあげる阿蘇山
ガス濃度が危険域だったため、火口付近までは立ち入ることが出来なかった。

途中立ち寄ったリップルランド道の駅から対岸の雲仙普賢岳を望む。

東シナ海に沈む夕日
宿泊した下田温泉「望洋閣」からの眺め

旅行初日は熊本城の目の前に位置する「熊本キャッスルホテル」に宿泊したのだが、夕食はホテルから徒歩数分の所にある「青柳」にて、イカや羽魚(マカジキ)の刺身に加え、馬刺を堪能した。美味しい地酒と米焼酎で撃沈。
ホテルへの帰途、熊本ラーメンで〆たのは内緒だ。
(なお、熊本キャッスルホテルの朝食は特筆もの。大変美味しかった。)

最終日、熊本空港への帰途、「鮓たいと」にて「おまかせ」のランチを堪能。
最近は江戸前でも珍しくなった、非常に硬い「握り」がとてもよかった。
一方で、熊本特有のたまり醤油に不慣れなせいか、せっかくのネタの味が自己主張しきれていないように感じたが、それも熊本流の鮨の流儀なのかもしれない。
そこは逆に、江戸前とは異なる部分を楽しんだ。